FC2ブログ
次回もこのドラマをお楽しみに
日本の連続ドラマを中心におすすめします

■ プロフィール

itasika

Author:itasika
FC2ブログへようこそ!

■ カテゴリ

09年秋のドラマ (15)
09年夏のドラマ (10)
09年春のドラマ (11)
09年冬のドラマ (12)
08年秋のドラマ (13)
08年夏のドラマ (21)
08年春のドラマ (23)
08年冬のドラマ (18)
07年秋のドラマ (12)
07年夏のドラマ (18)
07年春のドラマ (17)
07年冬のドラマ (17)
06年秋のドラマ (18)
06年夏のドラマ (19)
06年春のドラマ (30)
06年冬のドラマ (38)
05年秋のドラマ (22)
05年夏のドラマ (28)
朝ドラ・昼ドラ (31)
2時間・スペシャル (107)
時代劇 (35)
変身ヒーロー (32)
再放送ドラマ (1)
教育 (12)
バラエティ (15)
ドキュメンタリー (1)
ニュース (1)
映画 (1)
音楽 (4)
アニメ (5)
スポーツ (2)
刑事ドラマ・ミステリー (23)
コラム (7)
未分類 (10)

■ 最新記事

■ 月別アーカイブ

■ アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
『浅見光彦~最終章』もっとはやくかえとくべきだった
第一話は2時間スペシャルなので単発版と条件が似ているので、通常の1時間になる2話まで評価を待ってみました。待った結果はダメだこりゃ。いつもは2時間のものを1時間にするとあっさり時間が解決して、いままでのよさがでません。せめて2週を1セットとしてこれまでのペースを維持するということはできなかったのか。

浅見光彦役が辰巳琢郎から沢村一樹に交代した時に他のレギュラーキャストはそのままだったのをここにきて入れ替えたのも二時間ドラマ版との違いを大きくしてなじみにくくしています。母・加藤治子、兄・村井国夫というのはたしかに沢村一樹と比較すると年をとりすぎている、加藤治子は元気そうだけどすでに80を軽くこえてすでに90の方が近い。
もっと早くかえとくべきでした。
スポンサーサイト
『傍聴マニア09』やはり傍聴人主役では……
裁判員制度をにらんでドラマ化したのでしょう。一連の芸能人薬物事件の裁判時期ともあたってタイミングとしてはばっちり。裁判ドラマというと主役は一に弁護士、二に検事、三四がなくてじゃなくてないのは三だけ、四が被告で五が裁判官というところ。

そんな中で(原作はあるし裁判ウォッチングは流行っているけど)傍聴人主役というのはたしかに新機軸。そして見てみると、たしかに傍聴人主役がなかった理由がわかった。やっぱり客観的に見ているだけではドラマになりにくいわ。

冷静にツッコミを入れられるというのはまあおもしろいけど、連続ドラマにするほどとは思えません。そこそこではあるが次回を積極的に見る気はおきません。テレビがついていたら見るぐらいでしょうか。
『交渉人』事件ものはシリーズを重ねた方がいい
第1シリーズの平均視聴率は13%台。パート2をつくるかどうかは微妙な数字でした。『夫婦道』も第1シリーズが同じく13%台でしたが、第2シリーズは毎回一ケタとボロボロでしたから。しかし事件ものは繰り返した方がいいようで、初回15%と滑り出しは上々。
内容的にも警察が男社会とはいえて宇佐木玲子(米倉涼子)に妙にきつかったのに対して、過去の実績のおかげかすっかりなじんでいい感じになりました。『ハンチョウ』に続いて塚地武雅の加入もほっとできます。『9係』の田口浩正に『科捜研の女』の斉藤暁、警察ものにデブキャラはいた方がいい。

そんなこんなで、第1シリーズより見やすくなり見られるようになりました。ただし映画化までするほどのもんかというのは依然として疑問ですが。

しかし「女だから」とさんざんいわれていたのに、今回は捜査一課長が弓坂史子(浅野ゆう子)なのははなしが違わないか?そして浅野ゆう子は同じ系列の『アンタッチャブル』の第一話で疑惑の人物だったがいいのか?

ところで10月としては過去最高の猛暑でいらいらする東京ではじまりましたが、ミスター匠(柄本明)の作戦の影響か?それはドラマも局も違う?

テーマ:交渉人 - ジャンル:テレビ・ラジオ

『東京DOGS』あぶデカへの道は遠い
『33分探偵』の福田雄一脚本によるコメディ要素が刑事ドラマ部分とうまくマッチしていないんじゃないかと事前に予想していました。それは不幸にも的中していたんですが、それに至る以前として刑事もの部分もぱっとしません。

せっかくのニューヨークロケもいっただけで予算を使ったのかアクションとして迫力を感じない。鍵を握る女・松永由岐(吉高由里子)は記憶喪失したというのに全然悩んでない。アイデンティティなくて平気か?そしてアメリカの事件関係者でかつ身元もわからないのになんで日本に連れてきた?日本人と決まったわけではあるまいに。

などなどコメディとは関係ない刑事ドラマ部分でツッコミどころ満載。芯がしっかりしてないとコメディ部分も生きない、といいたいところだけど、コメディとしてもそんなに笑えないし-。

せっかくのいいキャスト台無し。今期のフジテレビドラマ、これでいいのか?
『小公女セイラ』貧乏になってからの方が似合う

この企画、おそらく志田未来を生かすにはどうすればいいか?ということを考えて生み出されたんだろうと思います。
しかし志田未来、どうも金持ち役よりも貧乏な役の方が似合うという問題がありました。だからどうも虐げられるようになってもあまりかわいそうにみえません。それに原作7才、アニメ版10才という設定が高校生まであげられるといかにインド帰りで世間を知らないとはいえ、いじめられたら外にでて生きればもうちょっとはましな道もあるだろうと突っ込みをいれたくなります。
まだいじめが本格的になってきたら、もうちょっとなんとかなるかもしれませんが、今のままではちょっと苦しい。現状ではむしろよくよくできたセイラの母(黒川智花)に少女時代にコンプレックスを持っていた学院長(樋口可南子)や努力して成績最優秀になったのにそれを奪われた武田真里亜(小島藤子)の方に同情してしまいます。

田辺誠一が「紫の薔薇の人」を演じていた『ガラスの仮面』をリメイクした方がまだよくなかったですかね。樋口可南子が月影先生、斉藤由貴が母親、大和田伸也が演出家の小野寺で。しかし安達祐実には勝てないか?
 
『サムライ・ハイスクール』敵は女子(おなご)か?
あらすじだけを聞くと「なんじゃこれは」と思ったけど見ると意外に普通。変身?シーンで漢字多様なのも『シンケンジャー』の二番煎じぽいし、どこかで見たことあるような感じ。『野ブタ。をプロデュース』や『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』あたりと比較するとインパクトにかけます。

一つ疑問なのは、「初回から敵は女子(おなご)か?」ということ。ヒーローものはそれほどヒーローそのもので選択できるパターンは少ない。ヒーローを輝かせるためにはそれに相対する敵の方が重要になってきます。それなのに初回の敵が学校を代表するスポーツ選手の親衛隊ギャルでいいのか?その選択がこのドラマのテーマへと最終的にむすびつくんならそれはそれでいいですけど、初回を見た限りはものたりないですね。

ただ変身後の三浦春馬が男らしくたとは思います。はじめて三浦春馬の名前を覚えたのは4年前の朝ドラ『ファイト』でヒロイン(本仮屋ユイカ)の相手役?であのころは線が細いという印象ですが、すっかりたくましくなって。
『行列48時間』12月に放送してくれれば
國村隼主演だけに、安心して見ていられますね。主人公が「宝福です」自己紹介したのを張り込んでいる警察が「報復」と勘違いするなど、微妙なずれがとんでもない展開になって楽しめます。
また宝福と妻を亡くした久保(村松利史)の会話を刑事が「いいはなしです」と報告するなど小技も効いてます。

次回は宝福と謎の包丁女(平愛梨)がからむなど本格的にドラマが展開しそうですね。

ただ年末年始をはさむ2日間の物語なんだから、放送時期もそれにあわせてほしかった。45分×6という放送時間だけに正月スペシャルというのは難しいでしょうから、せめて12月中旬最終回ぐらいで。

NHKは例年、12月初めに大河ドラマが終わると朝ドラをのぞく連ドラは営業終了というところがありますが、今年は大河『天地人』終了後は『坂の上の雲』がはじまる例年と違う体制だけにちょっと違います。土曜ドラマ枠は『チャレンジド』終了後、11月14日から『外事警察』が全6回であるので、週一回こなすとすると(NHKはたまに二話連続放送したりすることもあるけど)12月26日最終回。金曜ドラマ枠も同じような放送日程を組んでくれたらよかったのですが。
『おひとりさま』33才独身はあまりにフツー
昨年の同枠、流行語大賞をとった『Around40』につづいて、流行キーワードを使った路線であり、また脚本の尾崎将也ということで『結婚できない男』の流れも引き継いでもいます。

しかし前二作ほどには笑えません。同じテーマで男性や男前キャラの天海祐希だと笑えるけど女性だと笑い事じゃないということもあるでしょうが、そもそも33才の独身女性というのが、あまりにも当たり前すぎてそもそもドラマのテーマとしてどうよ?

以前、ドラマにおける女性の結婚適齢期について『曲がり角の彼女』と『anego』の負け犬ドラマが放送されたとき考察したことがあります。

負け犬の明日はどっちだ!

81年の『想い出づくり。』で24才、94年の『29才のクリスマス』は29才、しばし適齢期が何才、というドラマはとぎれて「適齢期」という単語も死語になったか、と思っていたけど「負け犬」の流行で30代の線が復活。『Around40』は最後の一線でしょうか。

そう考えると33才はいかにも中途半端。むしろ年の差・身長差恋愛の方に今後のポイントになりそう。これも以前、

男優・女優の身長問題をシンチョーに検討

で書きましたけど、背の高い女優は「お姉さんと年下の彼」パターンをよくやるんです。松嶋菜々子・滝沢秀明『魔女の条件』、小雪・松本潤『きみはペット』のような。これもそのパターンでしょう。観月ありさと並んでいいバランスの松下奈緒もいずれこんなドラマを主演する日がくるんでしょうか?



『アンタッチャブル』決めぜりふがほしい
仲間由紀恵がヘンなキャラを演じる『TRICK』後継的企画ですが、初回の「予言報道」の真相も『TRICK』に似たようなのがあったような気がする。そこまで後継させんでも。その他にも教団は「ともだち」ぽいなどいろいろ既視感のあるドラマですね。
既視感あるならあるで、過去のドラマよりもっと突っ込めばそれもいいんですが、そうでもない。たとえばしつこいキャラであることということを台詞で語っていますが、実際の行動としてはいうほどではない。有栖川スミレ(浅野ゆう子)にもつきまとってはいるけど、あのくらいは記者として普通なのでは?

そこをわかりやすくみせるような決めぜりふが必要な気がします。『刑事コロンボ』の立ち去りかけて「そうそう、もう一つだけ」というのような。
『TRICK』の後継ねらうなら最後にもわかりやすい決めぜりふほしいですね。

だいたい記者として冒頭にイルカに遭遇た土岐、初出勤で遅刻しそうだからとそのまま立ち去っていいのか?一流でも三流でもいいけどプロのジャーナリストなら取材すべきではないのか?
それに全編を通しての黒幕ぽいのは寺島進演じる永倉社長ですが、寺島進、なんとなく大物黒幕ぽくない。

全体にもうちょっと突っ込んでほしいですね。
『ROMES』若手主体としてはがんばってます
「ハブ空港」というのが話題になる昨今だけにタイミングとしてはばっちり。主人公・成嶋優弥は原作ではどのくらいの年齢の設定なんでしょうか?ティーン向けという枠の狙い上、キャストは若手主体で主役の大倉忠義を含めてなかなかがんばっていると思います。ただ、厚みをもたせるためにベテランも活躍させてほしいところ。草刈政雄はあんなところでいいですけど、渡辺裕之とドラマレギュラーはめずらしい古館寛治が後方で指示するだけじゃなく。

ただ映像のタッチとして、NHK総合のドラマというよりはBSハイビジョン先行で放送するドラマぽいですね。中部国際空港で本格的にしているだけに、大人向けにもっとつくりこんだ方がいい素材かもしれません。

どうでもいいけど「ハブ空港」という単語を聞くたびに「船が行く行く 波浮港(はぶみなと)」というフレーズを思い出すのはぼくだけか?はい、あんただけです!

■ 検索フォーム

■ GoogleAdsense

■ amazon

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 次回もこのドラマをお楽しみに all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。